HiVisualは、ビジュアルデータを組み込み、様々な用途で利用できるソフトです。その場での説明から、印刷用の文章作成まで、幅広く行うことが可能です。

機能Function

HiVisual の主な機能

加工・編集

患者様により分かりやすく説明するための加工や編集ができます。撮影して取り込んだ画像はもちろん、搭載している様々なサンプル画像にも書き込み、編集が可能です。

pic_wisestaff_06

pic_wisestaff_06

フリーハンドの書き込みをもちろん、スタンプ等で簡単に患部を示すことも可能です。

pic_wisestaff_06

画像の傾きを調整することが可能です。

pic_wisestaff_06

取り込んだ写真が見にくい場合には明度や色味を変更することができます。

プレゼンテーション

目に見えない口腔内細菌のリスクを口で説明しても患者様には伝わりません。
位相差顕微鏡などで確認した口腔内細菌を、実際に「見える形」で掲示することで口腔内環境に対するリスクの大きさを伝えることが可能です。

pic_wisestaff_06

pic_wisestaff_06

サンプル動画がテンプレートに含まれるので検査のきっかけ作りにも利用できます。

pic_wisestaff_06

1枚の画像だけでなく、5枚法や9枚法など、様々な表示にも対応しています。

pic_wisestaff_06

治療前、治療後の動画を並べ、比較再生することが可能です。

文章作成

多彩なテンプレートから簡単に治療説明書を作成することが出来ます。
提供する文章により、最適なテンプレートを選択することで、患者様が納得できる治療を進めることが可能です。

pic_wisestaff_06

pic_wisestaff_06

治療の流れ

pic_wisestaff_06

自費の見積書

pic_wisestaff_06

歯科技工物の価格表